転職

女性銀行員は転職に有利って本当?オススメの転職先は?

女性 銀行員 転職 有利 本当 オススメ 転職先

銀行員として働いていても、銀行員としての規制に嫌気が差したり、ノルマがキツかったりして、転職をしたい!と思うこともあるでしょう。

また、結婚や出産を機に銀行員としてのスキルを活かして、転職したい!と思ったりする人も多いでしょう。

 

では、女性銀行員というのは実際に転職しやすいとかいうことがあったりするのでしょうか?

また、オススメの転職先などはあるのかどうかも見ていきたいと思います!

スポンサーリンク(広告)

女性銀行員は転職に有利なのか

女性と言えども、「銀行員であった」というステータスは、転職にとってかなり有利であることに間違いないと思います!

銀行員というと

  • 仕事に対して真面目に取り組む
  • お金の管理がしっかりできる
  • 数字に強い
  • 勉強熱心
  • 社会人のマナーが備わっている

等と言ったイメージがかなり強くもたれるはず。

また、銀行員としてお客さんと接することも多いのでコミュニケーション能力も高く評価されますよね。

 

女性にとって、事務処理能力の高さやコミュニケーション能力の高さというのはかなり重視されるポイントだと思います。

それに、銀行で働いていたというだけでその人自身の信用もかなり上がるはず。

 

銀行なら、新人研修もしっかりと受けさせてくれるので、社会人としてのマナーもしっかり備わっているとみなされるのです。

知人の場合も、銀行員をやめてからしばらくしてから仕事を探していましたが、前職が銀行員であるというだけで文句なしで採用されていました。

 

やっぱり、女性銀行員というのは信用も高く、転職に有利であると言えるのでしょう!

スポンサーリンク(広告)

女性銀行員にオススメの転職先

女性銀行員にオススメの転職先について見ていきましょう!

金融業界

女性銀行員は、銀行をやめても結局金融業界に転職する人も多いです。

銀行はノルマがキツくてやめたけど、やっぱり銀行で培ってきたスキルを活かしたい!と思う人は、金融業界への転職というのはかなり有利です。

 

カード会社や証券会社、保険会社などは金融業界にあたりますが、業務の内容は違うし、同じ金融業界と言えども全く違う業務内容になって面白いですね。

しかも、金融業界で培ってきたスキルがすでにあるため、年収アップの可能性も!

 

金融業界を渡り歩いて、金融のプロになれちゃうかもしれませんね!

不動産業界

銀行に勤めていても、融資を担当していたりすると、自然と不動産の知識も身に付きます。

そういったスキルを活かして、不動産業界に転職する女性も多いです。

 

やっぱりスキルを活かせるというのはかなりの強みになりますので転職もしやすくなりますね!

接客や事務処理能力など、銀行業務と共通した点もあるので働きやすさもポイントが高いです。

 

また、銀行員時代に色々な資格を取っていたような人。

例えば銀行員でも「宅建士」の資格を持っていたりする人も多いですので、そういった資格を持っている場合には不動産業界に転職しやすいですね。

経理担当

どの業界でも、経理担当というものは必ず存在します。

経理の事務員を募集している会社などで、「銀行で働いていた」というだけで、信用や数字の強さ等を見込まれて採用されやすいというパターンも多いです。

 

銀行で実際に経理の知識なんてついていなくたって大丈夫。

肩書があればそれだけで転職はしやすいんです(笑)

公務員

銀行員も、ほとんど公務員のような業界なのですが、やっぱり公務員よりどこかノルマや規制が厳しかったりします。

銀行員並みの安定をもとめつつ、仕事もキツくない業界と言えば公務員です。

 

公務員に転職を希望する場合には年齢制限があるので、早めの決断が大切ですね!

女性銀行員は転職に有利って本当?オススメの転職先は?まとめ

  • 女性銀行員は転職に有利。
  • スキルの活かせる転職先だとなお転職しやすい。
  • オススメの転職先は・・・
  • 金融業界
  • 不動産業界
  • 経理
  • 公務員

女性銀行員は転職に有利なのか?について見てきました!

女性銀行員というのは、社会的にも信用があり、スキルも身についているので転職はしやすいと思います。

 

今回はオススメの転職先を金融業界・不動産業界・経理・公務員など挙げましたが、全く違う業種に転職している人もたくさんいます。

銀行員としての知識は、仕事だけでなく日常生活の中でも役立つものばかりです。

 

スキルを活かして、やりがいのある仕事を見つけましょう!

スポンサーリンク(広告)