すみっコぐらし

すみっコぐらしの映画で泣いた人続出!ラストは残酷ってホント?

すみっコぐらし 映画 泣いた 人 続出 ラスト 残酷 ホント

大ヒット上映中の「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」!

11月8日に公開され、10日までの3日間でなんと興行収入は1奥3200万円を超えました!

 

観客動員数は約11万4,300人で、映画「ジョーカー」を上回り3位にランクイン!

めちゃくちゃ人気のある映画だということが分かりますね!

 

すみっコぐらしの映画ということで、子供向けなのかと思いきや、大人もかなり感動できる!泣いた!という人が続出しているんです!

今回は、すみっコぐらしの映画は泣けるのか?大人も感動するその理由やラストは残酷なのかについて調べてみました!

スポンサーリンク(広告)

すみっコぐらしの映画で泣いた!

すみっコぐらし 映画 泣いた 人 続出 ラスト 残酷 ホント

すみっコぐらしの映画を見に行った娘が、「泣きそうになっちゃった( ;∀;)」と言って帰ってきました。

なんて感受性豊かな子なんだろう(;^ω^)と思っていたら、映画のレビューを見ると大人も泣けるという感想がたくさん!

 

「えっ!そんなに泣けるの?すみっコぐらしの映画で?」と思いましたが、気になったので調べてみると、

【子供向けのアニメと思いきや、奥深く、切ないストーリー】

だということでした!

すみっコぐらしの映画めっちゃよかった!可愛いし感動できるし最高

映画すみっコぐらし見てきました。
すみっコぐらしの可愛らしさはもちろん温かくて平和で感動して涙が止まらない。とても良い物語でした。朝から癒された。ポスターのひよこ見るだけで泣けるぐらい世界観にのめり込んだ。

映画すみっコぐらし見てきました😭✨泣いた😭✨すごい泣くの我慢してたんだけど、泣いてる我が子に気付いて私も旦那ももらい泣き👨‍👩‍👧💦💦💦5歳も感動して泣いたりするのね😭

すみっコぐらし、観た。
泣いた。
久々に映画館で泣いた。
来場特典でまた泣けてくる。
感動した。映画を作ってくれて、ありがとう。

みんな「ひよこ?」に関して感動しているようですね!

スポンサーリンク(広告)

大人も感動するその理由とは?

すみっコぐらし 映画 泣いた 人 続出 ラスト 残酷 ホント

子供むけの映画だと思って見に行ったら大人のほうが感動してしまうというその理由について見ていきましょう!

すみっコぐらしはもともと大人向けだった!

すみっコぐらしは、子供向けの作品だと思っていました。

うちの子供もすっかりハマって、小学校でもみんなすみっコぐらしのグッズを持っていない子はいないほどの人気。

 

しかし、すみっコぐらしというのはもともと子供だけでなく大人もターゲットにして作られたものだったんです。

キャラクターを生み出したサンエックスのよこみぞゆりさんは

 「発表した時から子供から大人まで幅広くということで提案していました。今も子供大人関係無く、すみっコファンの皆さんに満足していただけるようにと常に考えています。子供にウケようとすると、いかにも子供向けになってしまうので、大人の私自身や社内の人たちが『欲しい!』『可愛い!』と思えるかどうかを大事にしています。私たちが可愛いと思うものは、子供も大人も関係無く可愛いと思ってくれるはずです」

とインタビューで語っていました。

すみっコぐらしのキャラクターはかわいくて愛らしいけど、映画のストーリーは奥が深くて切ないもの。

 

子供について見に行った大人も、付き添いというだけでなくすっかりその内容に惹き込まれてしまうのです。

子供向けだと思って油断していた

「すみっコぐらしが映画化?ということで、だたすみっコぐらしのキャラクターたちがいてかわいいだけの映画でしょ。」

と思っていた人も多いはず。

 

「子供がすみっコぐらし好きだから、ついていくだけついていった。」という大人も多いでしょう。

でも、映画館についていったらもちろん映画を見ますよね。

 

そこで、

「子供向けの映画だと思っていたら意外にも奥が深すぎて感動してしまった!」

「油断していた!」

 

という人も多いはずです。

すみっコぐらしは大人もしっかり入り込めるストーリーになっているので大人が行っても楽しめるんです♪

ラストは残酷ってホント?

すみっコぐらし 映画 泣いた 人 続出 ラスト 残酷 ホント

映画の前半は、ほっこりとすみっこたちがかわいいゆる~い内容なのですが、クライマックスに近づくにつれて、衝撃的な事実が判明!!

どうにもならない残酷な結末に、涙してしまう大人もたくさんいるです!

 

すみっコぐらしの映画は新キャラである「ひよこ?」お家を探して冒険していく物語なのですが、最後にはどうしても「ひよこ?」とお別れしなければいけないのです。

そういったどうしようもなさが、残酷と言われるその理由なのではないでしょうか!

すみっコぐらしの映画。泣くは嘘だろwと思って期待しすぎず見たらおいおい泣いた。子ども向けだけど、無条件にみんな仲良し手放しのめでたし、で終わらせず優しさだけではどうにもならない現実の残酷さも描ききる。鑑賞後成人女性2人でゲーセンかけこんで課金しまくるくらい良かった

映画すみっコぐらしを観た。
とにかくかわいくてかわいくて、私は泣かなかったけど、うん…なんていうか残酷だと思った。EDはいろいろグサっときた。

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」観ました。良い意味で見事なまでのキッズアニメ。子供をメインターゲットにする作品はこれぐらい足腰が強く無いと、そもそも彼らの関心を引くことなど不可能。だからこそ生み出される映画としての豊穣さ。徹頭徹尾優しくて穏やか、でも少し残酷。

すみっコぐらし映画、残酷だけど最高に優しい世界だった。

 

スポンサーリンク(広告)

すみっコぐらしの映画で泣いた人続出!ラストは残酷ってホント?まとめ

すみっコぐらし 映画 泣いた 人 続出 ラスト 残酷 ホント

すみっコぐらしの映画は、とてもほっこりするけれど、かわいいキャラクターたちによって描かれるストーリーにしては残酷な部分もあり、泣ける!という内容で、子供から大人まで皆感動して泣いてしまう内容だということがわかりましたね!

 

すみっコぐらしの映画でホントに泣けるの?と半信半疑な人は、是非劇場に足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク(広告)