資格

銀行員になる方法は?有利な学部や資格はある?

銀行員というと、「安定している」「給料が高い」などのイメージが強いので、「就職するなら銀行が良いな」と考えている人も多いのではないでしょうか?

銀行員になりたい!!と思っている人のために、実際に銀行員になったときの経験を踏まえて、銀行員になる方法や、有利な学部や資格はあるのかどうかについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク(広告)

銀行員になる方法は?就職サイトを活用する!

銀行員になりたい!と思っても、銀行が直接広告などで求人を出しているということはほとんどありません。

銀行員になりたい人は、どうやって就職活動したらいいんでしょうか?

新卒採用

まず一番銀行員になりやすい方法といえばやっぱり新卒採用ですよね。

大学生が就職活動において、それぞれの銀行が採用を募集している時期にエントリーするところから始まります。

最近では、色んな銀行がマイナビサイトなどでウェブエントリーをしているところも多いですね。

自分の入りたいと思っている銀行の採用情報をチェックするようにしましょう。

マイナビなどの就職サイトには、初任給などもしっかりと記載されていますので参考にしてみるといいですね。

中途採用

もちろん、新卒でなくても中途採用という制度もあります。

しかし、中途採用は金融機関で働いたという実務経験、実績がないと入りにくいというのが現実です。

保険や不動産などで勤務経験がある人や、会社で経理をやっていた人なんかも有利かと思います。

ここでも、マイナビ転職などのサイトを見てどこの銀行が中途採用を募集しているのかチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク(広告)

銀行員になるために有利な学部や資格はある?

銀行員になるために有利な学部や資格があるのかどうかみていきましょう!

銀行員になるために有利な学部は?

銀行員というと、やっぱり経済などの知識が豊富な人のほうが有利なのではないか?と思われがちです。

しかし、実際に銀行に入ってみると、経済学部だった、経営学部だったという人が特段多いというわけでもないんですね。

文学部、法学部、情報、いろんな学部出身の人がたくさんいます。

採用担当者は、学部を重視しているのではなく人柄を一番重視していますので、銀行員になりたいと思い始めたけど、今通っているのは文学部だから無理かも…なんて諦める必要はないんです!!

自分の人柄とやる気を伝えればOKですよ。

銀行員になるために有利な資格は?

銀行員になるために資格を持っているから有利だ!とかそういうことも実はないんです。

自分は簿記の資格を持っているから銀行員に向いている!と言えば就職できるのか?というと、そうではありません。

資格は、自分のステータスにはなりますが、有利ということには繋がらないと思っていいでしょう。

でも、持っている分には申し分ないですし、持っている資格によって入行後の配属先が考慮されるということはあると思います。

銀行員になりたいと思った時に、是非持っていたい資格としては

  • 社会保険労務士
  • 宅建士
  • 簿記
  • FP
  • 行政書士

などが挙げられます。

これらの資格って結構難関資格ばっかりなんですよね。

実際、入行してからこの資格を即戦力として使えることってあまりないと思うんです。

でも、学生時代にこれだけ勉強したよ!!という熱意や、努力家であるという人柄はこれだけでも充分に伝わると思います。

まとめ

銀行員と言っても、どこの企業でも行われるような一般的な順序で就職活動は行われます。

そもそも、銀行員になりたい!!と思って学生生活をはじめから過ごしてきた人なんてほんの一握りのはずです。

就職活動を始めてから初めて、銀行員になりたいな…と思う人がほとんどですよね。

自分は経済学部や経営学部じゃないから無理かも…簿記の資格を持っていないから無理かも…と諦める必要はありません。

銀行員になりたい!という熱意と、それに見合った人柄さえあれば銀行員になることはできるはずです。

頑張って銀行員を目指してくださいね~。

 

 

スポンサーリンク(広告)