資格

銀行員になるために必要な資格はある?就職活動のときに取っておきたい資格とは?

銀行員 なるため 必要 資格 ある 就職活動 取っておきたい 資格

就職するならやっぱり安定した職につきたい!と思って、銀行員を志望する人も多いと思います。

でも、銀行員になるためには、資格を色々取っておかないといけないのでは?と思いますよね。

 

簿記をとっとかないといけないの?

金融関係の資格を持ってないと受けられない?

 

そんな疑問について見ていきたいと思います!

資格を取っておかないと銀行員になれないのかな…
銀行員になるために必要な資格ってどんなのだろう??
スポンサーリンク(広告)

銀行員になるために必要な資格はある?

結論から言って、「この資格を持っていないと銀行員になれない」ということはありません。

学部も、経済や経営の学部を出ていないと入れないということもないし、簿記を持っていないといけないということもないんです。

 

銀行員として取らなければならない資格と言うのはたくさんありますが、それも就職してから取ればいいので、資格を持っていなくても銀行員にはなれます!!

ただし、入社が決まってから、「入社までにこの資格を取っておいてね」というのは、銀行によってあるかもしれませんので、気を付けましょう!

スポンサーリンク(広告)

銀行員になってから必要な資格は山ほどある!

就職活動のときに持っていなければならない資格というのはありませんが、銀行員は就職してから取らなければならない資格が山ほどあります。

社会人になってもこんなに勉強しないといけないの?!?!と思うぐらい、たくさんの資格を受けさせられます。

 

必須です。

まず入社してからは保険関係の試験を受けさせられます。

 

「生命保険」や、「損害保険」。

さらに、銀行の業務に関する資格「銀行業務検定」なども受かるまで受けさせられたりします。

 

逆に、銀行員ってコレ持ってないといけないんじゃないの?とよく思われがちな「簿記」なんかは、特にとれ!!と言われることもないというのが現状です。

銀行員には何故資格が必要なのか

銀行員になると、「銀行員として取っておかなければならない資格」というのがたくさんあります。

銀行の業務を覚えたり、この資格を持っていなければ業務ができない!!という資格もあるからです。

 

持っていなくても仕事はできるけど、持っていないと昇格要件を満たさないという資格もあります。

それぞれの資格が、金融知識を持っていないと受からないような資格ばかりなので、まだ銀行員としての仕事をなにもわからない状態で資格にチャレンジする!!というのはハードルが高い可能性もありますね。

スポンサーリンク(広告)

就職活動のときに取っておきたい資格

就職する際に持っていないといけない資格というのは特にないですが、銀行員として就職すると、就職してからが試験だらけです。

働きながらこれだけの勉強をして試験も受けないといけないの?!?!と思うと、ちょっとげんなりしてしまうレベルです…。

 

学生時代の、時間のあるうちにとっておけばよかった…と思うこともしばしば。

資格を取っておくことに無駄だった!!ということはないはずなので、学生のうちでもとっておけるような資格を取っておくといいですね!!

オススメとしては、

  • 日商簿記検定3級・2級
  • 宅建士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士

があります。

これらの資格は、受験資格も特にないので学生のうちでも取得することができます。

 

さらに、難易度も結構高いものなので、学生の時間のあるうちに取っておけば、入社して、昇格要件を満たすためにみんなが一生懸命勉強しているときに、余裕でいられることができます(笑)

さらに、こういった資格を持っていると、部署の配置も考慮されて人事部などで働けるチャンスもあるかも!!

 

銀行員になる就職してから試験続きなので、やっぱり学生の時間のあるうちに資格を取っておくって大事だな、と思います!!

スポンサーリンク(広告)

銀行員になるために必要な資格はある?就職活動のときに取っておきたい資格とは?まとめ

  • 銀行員になるために取っておかなければならない資格はない。
  • 銀行員になってから取らなければならない資格がたくさんある。
  • 資格を取らないといけないのは、業務のためやスキルアップのため。
  • 学生時代にとっておきたい資格は宅建士・社会保険労務士・日商簿記1級・2級・行政書士など。

銀行員になるために必要な資格や、就職活動のときに取っておきたい資格について紹介しました!!

銀行員になるために必要な資格というのは特にありませんが、銀行員になってから取らなければならない資格はたくさんあります。

 

そういった資格はほとんど、銀行側が就職してから受けさせてくれます。

就職活動のときに取得しておくべきものと言えば、受験資格もなく、難易度も高くて働きながらでは取得が難しいレベルの資格を取っておくと、就職してからが有利であると言えるでしょう!

 

銀行員を目指すのであれば就職してからも資格勉強からは逃げられません。

少しでも楽をするのであれば、時間のあるうちに勉強しておくといいですね!!

就職するときに持ってないといけない資格ってのはほとんどないんだね
就職してから大変になるのは嫌だから、学生時代のうちに取っておきたいね!!
スポンサーリンク(広告)