季節

七草粥の意味と効能がすごい!七草の種類についても!

七草粥 意味 効能 七草の種類

お正月も少し過ぎたころ、食べるものといったら「七草粥」がありますよね!!

お正月ムードが落ち着いてきたころ、スーパーなどでは七草がセットになって売られているのをよく見かけます。

 

しかし、なんで七草粥を食べなくてはいけないんだろう?と思っている人も多いかもしれません。

七草粥に入っている七草には、ちゃんとした意味や効能があるんです!!

 

今回は、七草粥の意味と効能、また七草の種類についても紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク(広告)

七草粥を食べる意味は?

七草粥 意味 効能 七草の種類

七草粥というのは、1月7日の朝に食べるものとされています。

7種類の植物が入ったお粥なので、七草粥と呼ばれているんです。

七草粥の由来

七草粥の始まりというのは、奈良時代に中国から伝わったものとされています。

もともと日本には、お正月に若菜を摘んで食べるという風習がありました。

 

また、1月15日には、7種類の穀物「米・粟・稗・黍・ミノ・小豆・胡麻」を食べる風習がありました。

色々な風習が結びついて、「七草粥を食べる」という風習が生まれたのだとされています。

何故1月7日なのか

七草粥は1月7日に食べるものとされていますが、1月1日~1月7日までの期間というのはお正月の期間だとされています。

1月7日は「松の内」と呼ばれていて、お正月の最後の日にあたります。

 

お正月というのは、おいしいごちそうをたくさん食べますよね。

七草粥には、おいしいものをたくさん食べた胃を休ませるという意味もこめられているんです。

体の疲れを癒す

七草粥に入っている七草には、体の疲れを癒すような薬草の効果があるものが多いです。

七草粥を食べることは、一年の無病息災を祈るという意味もあります。

 

七草粥に使われている七草には合わせて12種類もの薬膳効果があって、ビタミンミネラルも豊富に含まれています。

食欲増進や利尿作用、解熱、去痰、咳止め、気管支炎、扁桃炎、肝臓回復、健胃、そばかす、あかぎれ、精神安定など様々な効果もあります。

 

おいしいものをたくさん食べすぎてしまった年末年始。

また、冬という風邪をひきやすい時期にピッタリの効果が期待できるんですね!

スポンサーリンク(広告)

七草粥に使われる七草の意味や種類

七草粥 意味 効能 七草の種類

七草粥には春の七草と呼ばれる7種類の植物が入っています。

七草粥につかされる七草の意味や種類について見ていきましょう。

七草の種類

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナスズシロ

春の七草はこの7種類になります。

七草の意味

七草の意味について見ていきましょう。

  • セリ
    セリは、セリ科の植物で「競り勝つ」という意味がこめられています。セリが競い合うようにはていることからこのように名づけられました。栄養価も高く、高血圧や動脈硬化の抑制、整腸効果も期待できます。

 

  • ナズナ
    ナズナはペンペン草という名前のほうが有名かもしれませんね。よく道端で見つける雑草です。「撫でて汚れを除く」という意味がこめられています。
    しかし、ナズナには高血圧や利尿、便秘、解熱や止血作用なんかもあるんです。
    さらにビタミンKが豊富に含まれています。
    昔から民間療法などでよく使われてきた植物なんです。

 

  • ゴギョウ
    ゴギョウはキク科の植物で、「仏体」を表す縁起物であると言われています。
    草餅の食材としてよく利用されてきていましたが、お茶にして飲むこともあります。
    咳止めや去痰、喉の炎症や利尿作用、むくみにも効果があると言われています。

 

  • ハコベラ
    ハコベラは「反映がはびこる」という意味がこめられています。
    腹痛の薬としてよく使われてきていた薬草で、胃炎にも効果があります。また、歯槽膿漏にも効くと言われています。
    ビタミンが豊富に含まれていて、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム、カロテノイドやフラボノイド、サポニンが含まれています。

 

  • ホトケノザ
    ホトケノザは「仏の安座」という意味があります。
    名前に仏が入っていることから縁起物であるとされています。
    健胃効果や整腸作用、高血圧に効果があるといわれています。
    春の七草のホトケノザは正式名をコオニタビラコ(小鬼田平子)といい、キク科の植物です。シソ科にもホトケノザという名前の植物がありますが、春の七草とは別のものとなります。

 

  • スズナ
    スズナというのは「カブ」のことです。「神を呼ぶ鈴」とされていて、縁起物であるとされています。
    整腸効果や消化を促進する効果があり、しもやけやそばかすにも効果があります。
    葉にはビタミンが豊富に含まれています。ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCが含まれています。カルシウムや鉄分、食物繊維も豊富に含まれています。
    七草粥には根も葉も両方入れると効果UPです!

 

  • スズシロ
    スズシロは、大根のことで、「汚れのない清白」という意味がこめられています。
    風邪予防や美肌効果があります。
    ビタミンAやビタミンCが豊富で、消化不良や二日酔い、発熱、冷え性、頭痛や整腸作用もあります。
    根にも葉にも豊富な栄養が含まれているので、七草粥には両方入れると効果的です!

七草粥の意味と効能がすごい!七草の種類についても!まとめ

七草粥 意味 効能 七草の種類

七草粥の意味と効能についてまとめてみました!

七草粥は、お正月の最終日に食べるのにピッタリな、疲れた胃を休める効果が期待できるのだということがわかりました!

 

どの七草を見ても、整腸効果や消化促進などの効果があります。

そして、栄養価も豊富で寒い冬を乗り切るために必要な栄養がたっぷり含まれていますね!

 

スーパーなどで簡単にセットやフリーズドライされているものなどを手に入れることができますので、七草粥もお手軽に作ることができます♪

是非、作ってみてくださいね!

スポンサーリンク(広告)