日常

【2019-2020】年末年始の銀行の休みはいつからいつまで?ATM・コンビニATMはどうなる?

2019 2020 年末年始 銀行 休み いつから いつまで ATM コンビニATM どうなる

銀行はほとんどカレンダー通りの営業になります。

ですから、ゴールデンウィークなどの長期連休をの除いては、ほとんど長いお休みというのはないのですが、年末年始はカレンダー次第ではちょっとした連休になります。

 

年末年始は、ところどころで現金をよく使う機会も増えますので、休みになってしまう前に準備が必要になります。

2019-2020の年末年始のお休みはどんな日程になっているのか、ATMは稼働するのかについても見ていきましょう!

スポンサーリンク(広告)

年末年始の銀行の休みはいつ?

一般的に、公務員や銀行員というのは年末年始の休みは12月31日~1月3日までです。

銀行には「銀行法」というものが定められているので、これはどの銀行も共通となっています。

 

そこに、土日が重なってどうなるかで、何連休になるかが毎年変わってきます。

土日がかさならなくても、最低でも4連休はあるということになりますね。

スポンサーリンク(広告)

【2019-2020】の年末年始の休業日

2019 2020 年末年始 銀行 休み いつから いつまで ATM コンビニATM どうなる

2019年-2020年にかけての銀行の休業日を見ていきましょう!

 

2019年12月28日(土)、29日(日)、30日(月)、31日(火)

2020年1月1日(水)、2日(木)、3日(金)、4日(土)、5日(日)

 

2019年~2020年の年末年始はこのようになっています。

銀行の休みは12月31日~1月3日までとなっているのが一般的ですが、今年は年始の1月4日と5日が土日に重なっていますので、連休としては

12月31日(火)、1月1日(水)、1月2日(木)、1月3日(金)、1月4日(土)、1月5日(日)

 

の6連休になるということになりますね!!

12月30日が月曜日ということで、土日から一日だけ出勤してからの6連休と言うことになります。

 

どうせなら30日も休みたい!と思いますが、そうもいかないのが銀行員の悲しいところなのです…

【2019-2020】年末年始のATMはどうなる?

年末年始hのATMの稼働は、土日祝と同じ扱いになります。

窓口営業は6連休になってしまいますが、ATMは土日祝日扱いで稼働するということになります。

 

ATMの利用手数料が平日とは異なりますので、確認しないで使用して「びっくりするぐらい手数料取られちゃった!」なんてことのないように気を付けましょう。

スポンサーリンク(広告)

コンビニATMは使える?

年末年始でも、コンビニATMは問題なく使用することができます。

コンビニATMも、銀行のATMと同じように土日祝日扱いになりますので、手数料に気を付けなければいけませんね。

 

また、年末年始にシステムメンテナンスを行う銀行もたまにあります。

コンビニATMは、銀行本体のシステムが稼働していないと使用することができません。

 

デビットカードなども使用することができなくなってしまいます。

自分の取引銀行が、メンテナンスを行っていないかどうか確認するようにしましょう。

 

2019年10月現在では年末年始にシステムが停止してしまう銀行は見つかりませんでした!

スポンサーリンク(広告)

【2019-2020】年末年始の銀行の休みはいつからいつまで?ATM・コンビニATMはどうなる?まとめ

 

  • 2019-2020の銀行の休業日は12月31日(火)~1月5日(日)の6連休。
  • ATMは稼働する。
  • ATMは土日祝扱いになる。
  • コンビニATMも問題なく使用できる。
  • コンビニATMも土日祝扱い。

 

【2019-2020】の銀行の休業日、営業日についてまとめてみました!

今年は、いつもよりもちょっと長い6連休なんですね!

 

銀行員としては連休が長いほうが嬉しいですが、現金が必要な人にとっては銀行はいつまでなのか、いつまでやすみなのか、ATMはやっているのか、など気になることがたくさんあると思います。

 

現金を多めに備えておくのも大切だと思いますが、最近ではキャッシュレス支払いのような現金がなくても支払いができるところも多くなっていますので、そういうものを利用するのもいいかもしれませんね!

r-k
r-k
ATMは土日祝扱いなので手数料が多めにかかってしまう可能性があるので注意したほうがいいですね。
スポンサーリンク(広告)