日常

銀行員が転勤が多い理由は?どのぐらいの頻度で変わるの?

よく銀行の窓口を利用する人にとっては、担当者やいつも窓口に座っている人というのは顔見知りになったりする人もいると思います。

窓口を利用しないで、営業担当者が回ってくる企業なども多いと思いますが、その担当者ってコロコロ変わりますよね?

せっかく顔見知りになって色々話ができるようになったのに担当がすぐ変わってしまう!なんてガッカリするぐらい信頼をおいている銀行員もいるかもしれませんが、銀行員というのは転勤がつきものなんです。

ではどうして銀行員には転勤が多いのでしょうか?

今回は、銀行員に転勤が多い理由や、転勤の頻度についても解説していきたいと思います。

スポンサーリンク(広告)

銀行員は転勤が多い理由は?

冒頭でもお話ししましたように、銀行員は転勤が多いです。

それは、絶対に転勤しなければならないという決まりがあるからなんです。

銀行員というのは、お金を取り扱う仕事ですよね。

しかも、人のお金です。

付き合いが長くなればなるほど、担当者とお客様というのは自然と親しくなっていくものですよね。

そうなると、最初の緊張感みたいなものが薄れてきてしまい、手続きなどもなぁなぁになってしまうようになってしまいがちです。

現金を預かった時に受取書を切らなかったり、信用してるからいいわ!と言って取引が曖昧になってしまうというのは不祥事の原因に繋がるのです。

さらに、支店の内情についても詳しくなってくるために、不正なども起こしやすくなってしまう心配があります。

こういった不祥事、不正を防止するためにも、一つの支店に長くいてはいけないというルールが定められているんですね。

スポンサーリンク(広告)

銀行員の転勤の頻度は?

私が働いていたところでは、一つの支店にいられるのは最大でも5年と決められていました。

一つの支店にいる期間が5年に近くなってくると、そろそろ転勤だな、と心構えをするようになります。

稀に、新店オープンなどとカブって5年以上になるケースもあったりしますが、そういったイレギュラーなイベントが終わると即行で転勤になるので、5年ルールというのは基本的には崩されません。

最長で5年ですが、最短期間というのは特に定められていません

短いと、2か月で転勤という人もいました。

出向や本部移転、人員不足など様々な理由がありますが、2か月で異動だと、引継ぎだけで終わってしまうのでかなり効率が悪いですよね。

ですから、だいたい短くても2年ぐらいは一つの支店に留まるというのが一般的でしょう。

支配人席は5年もいられないのが普通です。

だいたい2~3年ぐらいで転勤してきます。

やっぱり偉い人ほど、自分の良いようにできてしまうので、不正防止という観点からすると早いスパンで転勤していくということでしょうね。

銀行員が転勤が多い理由は?どのぐらいの頻度で変わるの?まとめ

銀行員の転勤の多い理由や頻度について解説してきました!

せっかく親しくなれたのに、支店が変わってしまうということでさみしいと思ってくれるお客様もたくさんいます。

それだけ、担当者に信頼をもって接してくれていたというのはありがたいことですよね。

私は銀行を退職するときに仲良くなったおじいさんがいるんですが、その人に退職の前に激励のお手紙をもらいました。

そこに連絡先が書いてあったので、今でも仲良く連絡を取り合っています。

そういった関係が築けるのも、なかなかいいですよね。

銀行員は転勤が多いですが、逆に言うといろんな出会いも多いということにも繋がります。

色々な経験をして、自分をステップアップさせていけるといいですよね。

 

 

 

 

スポンサーリンク(広告)