給料

銀行員のボーナスは3回ある?年収は多いの?

12月になってボーナスの季節になりましたね!!

冬のボーナスというのは一般的に一年のうちで一番多いのでボーナスを心待ちにしていたという人も多いのではないでしょうか?

ところで、「銀行員はボーナスが3回ある」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

普通なら「え、ボーナス3回もあるなら年収もそれだけ多いの?」と思いますよね!!

でも、そういうわけでもないんです。

今回は、銀行員のボーナスは3回あるのか、年収はそれだけ多いのかについて紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク(広告)

銀行員のボーナスは3回ある?

銀行員のボーナスは3回あるのかについてみていきましょう!

銀行員のボーナスは3回あるところもある

銀行員のボーナスは、3回あるところもあります。

でも、3回ボーナスがあるところもあるというだけですべての銀行員がボーナス3回あるというわけではありません。

「ボーナスが3回ある」というと、「え~うらやましい~」「ボーナス3回もあるなら年収も多いんじゃないの?」と言われることも多いですが、そうではありません。

ボーナス支給月は?

一般的にボーナスというのは7月と12月に支給されますよね。

では、ボーナスが3回ある銀行というのは何月に支給されるのでしょうか?

ボーナスが3回ある銀行のボーナス支給月というのは、一般的に7月、12月、3月です。

7月と12月は2回のところと同じですよね。

ただし、7月と12月はだいたい10日頃に支給されるのに対して、3月のボーナスは月の下旬、さらに、何日に支給されるのかは未定です。

ボーナス支給日の前日にやっと賞与明細をもらって、「明日ボーナスなんだ!」と分かることもしばしば。

私の働いていたところでは、新入職員研修で「3月のボーナスはないこともあるかもしれない」という話をされました。

毎年「今年は3月のボーナスちゃんと支給されるのかな?」なんてビクビクしていたのを覚えています。

スポンサーリンク(広告)

ボーナス3回の銀行員は年収も多いの?

ボーナスが3回あるということは、それだけ年収も多いということに繋がるのでしょうか?

実際は、ボーナスが3回あっても、ボーナスが2回支給されるのと実質は同じです。

その銀行によって違いはあると思いますが、ボーナス総額のうち7月は12分の4、12月は12分の5、3月は12分の3など、結局一年でもらえるボーナスの総額は同じということになります。

銀行員はボーナスが3回あると言っても、一度に支給されるボーナスの額は2回もらえるところよりも少ないということなんです。

ですから、年収も多いわけではなく、2回もらえるところと変わらないということになりますね。

銀行員のボーナスは3回ある?年収は多いの?まとめ

銀行員のボーナスは3回あるところもありますが、年収は多いわけではないということがおわかりいただけましたでしょうか?

最近は、もともと3回だったところも2回に変わっているというところも多いようです。

結局もらえる額は同じなら、2回でも3回でも同じですよね。

それでも、何回かに分けてもらえた方が、楽しみが増える、使いすぎ防止にはなるかもしれません。

銀行員になればボーナスが3回もらえるんだと期待して入社をしてがっかりしないように、参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク(広告)