恋愛事情

銀行員は職場恋愛が多い?同期カップル率が高い理由!

銀行員って、実は職場恋愛が多く、同じ銀行内でもカップルや夫婦が多いんです!!

支店は違っても、「実はあの人とあの人付き合ってるらしいよ」なんて噂もよく耳にします。

さらに、同期のカップル率は特に高い傾向にあります。

では、どうして銀行員は職場恋愛が多いのでしょうか??

今回は、銀行員に職場恋愛が多い理由や、同期カップル率が多い理由について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク(広告)

銀行員は職場恋愛が多い?

銀行員に職場恋愛が多い理由を見ていきましょう!

社内での出会いが多い!

「この人、前の支店で同じ職場だった人と同じ名字だな~」なんて思ってると、実は夫婦だった!なんてことも多いです。

銀行員は、職場恋愛が多いんです!!

何を隠そう、私も職場恋愛で結婚しました!

さらに、私の最初の支店の一個上の先輩も、課長も職場恋愛で結婚しています。

同じ支店でも、恋人や配偶者が同じ銀行内にいる!という人が必ずいるのでは??というほどの確率の高さです。

その時も、「銀行員って職場恋愛が多いんだなぁ~」と思ったのを覚えています。

銀行員は、社外での合コンも多いですが、やっぱり社内での出会いが多いからなのでしょうか?

銀行は定期的に転勤もあり、ずっと同じ職場で同じ人と働いているという環境ではないため、ひとつひとつの支店の人数は大企業などよりは少ないかもしれませんが、新しい出会いが多いんです!

それが、銀行員の職場恋愛が多い理由なのかも?!なんて思います。

研修が多い!

銀行員は支店の業務意外にも定期的に本部研修があります。

本部に、いろんな支店の人が集まるんです。

普段会わないような人にも会えるし、本部研修の後は何故か飲み会も多いです!!

「憧れのあの先輩に研修に行けば会える!!」

なんてことも!!

本部研修は仕事といっても接客もありませんし気が楽です。

ちょっとリラックスした気分で色んな人と出会える機会なので、ちょっとワクワクなんです!

そんなワクワクした気分で研修に行くと、テンションも上がってるし恋愛に発展しちゃう!なんてことも多いのかもしれませんね!

スポンサーリンク(広告)

銀行員の同期カップル率が高い理由は?

銀行員は特に同期カップル率が高い傾向にあります。

その理由について見ていきましょう!

学校みたいな研修がある!

銀行員は、入行してからすぐに支店に配属されるわけではありません。

本部で1ヶ月程度毎日みっちりと研修を受けます。

それはまるで学校みたいなんです!!

学校みたいにみんなでグループワークをしたり、授業みたいな座学研修を受けたり。

入行してからの一ヶ月の研修で、同期内でかなり絆が深まると言っても過言ではありません。

さらに、支店に配属されてからも、右も左もわからない状態。

先輩や上司ともまだ打ち解けられていない状態で、頼れるのは同期だけ!

行内では、内線電話というものがあり、支店同士ですぐに電話が繋がるんです。

わからないことがあったら、仲のいい子同士で内線で話し合ったりすることも多いです。

同期同士の飲み会が多い!

銀行員は、社外の人には話してはいけない守秘義務というのがあります。

守秘義務はもちろんどこの会社にもあるとは思いますが、やっぱり個人情報やお金を取り扱う銀行というのは、その縛りがかなり強いです。

仕事の愚痴も、同期にしか話せない!という部分が多く、その鬱憤を晴らすために(?)同期同士で飲み会がかなり多いです。

特に配属されてからの新入社員は、それぞれの仕事について色々と話したいことも多いんですよね。

新人研修で仲良くなり、さらに配属されて離れ離れになってからも会う機会が多くなるので、そこで親睦が深まるということなんですね!

銀行員は職場恋愛が多い?同期カップル率が高い理由!まとめ

銀行員に職場恋愛が多い理由がおわかり頂けましたでしょうか?

銀行員はとにかく研修が多いです!

「研修=出会い」と言っても過言ではないほどです。

そんな不純な動機で行く人ばっかりではないかもしれませんが、自然とそうなってしまうものなんですね。

いつもとはちょっと違う環境っていうのはテンション上がりますよね♪

そして、同期の絆はとってもあついというのも銀行員が職場恋愛で同期カップル率の高い理由です!

銀行員カップルを見つけたら、出会ったきっかけを聞いてみるのもいいかもしれませんね!!

 

 

 

 

スポンサーリンク(広告)