給料

銀行員の出向とは?月給はどう変わるのか?

銀行で働いていると、異動はつきものです。

次はどこの支店に異動になるのかな?と期待を胸に膨らませていると、突然「出向」という辞令を出される場合もあります。

「出向」というとマイナスイメージを持っている人も多いかもしれませんが、そんなことはないんです!

今回は、銀行員の出向とはなんなのか?月給はどう変わるのか?について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク(広告)

銀行員の出向とは?

「出向」というのは、「会社の業務命令によって、会社に在籍したまま、子会社や関連会社で業務に従事すること」のことを言います。

銀行員だけでなく、どこの会社でも「出向」というシステムはありますが、銀行員は特に多いようです。

出向先には、関連会社や繋がりの深い地元法人が中心で、保険会社や保証会社、融資取引先なんかがメインだと思います。

スポンサーリンク(広告)

銀行員の出向の目的は?

銀行員が出向する目的というのは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、経験を積むための出向。

代表的な出向としては、業績の悪い取引先を立て直すために、銀行員がその企業の中に入って働くといったことです。

取引先の経営をコントロールして取引先を立て直すことができれば、銀行自体にもメリットがありますよね。

さらに、若い時に財務省や経済産業省などの公的機関や保険会社、保証会社などに出向することで、銀行員として必要なスキルを身につける経験を積むという目的で出向することもあります。

これらの出向はキャリアアップを目的としたものと言えますね。

 

2つ目は、経費削減のための出向。

定年間近になったり、不祥事などを起こした銀行員が関連会社などに出向を命じられる場合は、マイナスな意味を伴うケースがあります。

出向扱いにすることで給料を減額し、人件費を削減することが目的ですね。

一年ほど出向させた後は、そのまま「転籍」にして銀行から退職させて、新しい会社に転職させることもあります。

一度出向したら銀行員として戻ってこれる可能性は極めて低くなります。

私の隣の席の人は、不祥事を起こして関連会社に出向を命じられていました・・・。

クビにするほどではないけど、このまま銀行に籍を置いておくことにメリットを感じない人なんかが出向させられてしまう場合があるということですね・・・。

銀行員が出向すると月給はどう変わるの?

銀行員が出向したとき、気になるのが月給ですよね。

出向と言っても、働く場所が変わるだけで、籍はそのまま銀行に置いてあるということなので月給を支払っているのは銀行側です。

若い頃のキャリアアップのための出向には、出向手当という手当が支払われるというのが一般的です。

出向期間中はその分月給は増えると思って良いかもしれません。

また、50歳以降や不祥事を起こすなどが原因で出向した場合には、月給は確実に下がると言っても過言ではないでしょう。

出向時点の役職にもよりますが、現役時代の50~70%も落ちてしまう場合もあるんだとか!!

これはかなりイタイですよね。

これが、「出向=マイナスイメージ」の原因かもしれません。

スポンサーリンク(広告)

銀行員の出向とは?月給はどう変わるのか?まとめ

銀行員の出向はマイナスイメージを持っている方も多いかもしれませんが、そうとは限らないということが分かって頂けたでしょうか?

実は、現役時代は出向したかったんですよね。

銀行に籍を置きながら、期間限定で他の会社でも働けるって面白いと思いませんか?

残念ながら、女性が出向するというケースは私が働いていたところではほとんど前例がなかったため叶いませんでした。

若手銀行員が「出向になった」と聞いたら、それはチャンスかもしれませんよ!

出向の意味をきちんと理解して、チャンスを逃さないようにしたいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク(広告)