資格

銀行員の必須資格と有利な資格を一覧で紹介!

銀行員になると資格をたくさんとらなければいけません。

資格試験を取得することでスキルアップし、出来る業務を増やしていったり、昇格することができるようになるのです。

資格の中でも、銀行員として働く上で必ず取得しなければならない必須資格と、昇格要件であったり持っていると重宝される有利な資格とあります。

今回は、銀行員の必須資格と有利な資格を一覧で紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク(広告)

銀行員の必須資格一覧を紹介!

銀行員として働く上で必ず取得しなければならない、銀行に取得させられる資格を紹介します。

損害保険募集人

まず一番最初に受けさせられるであろう試験です。

生命保険を売るためにはこの試験に合格しなければいけません。

銀行員なのに保険なんて必要なの?と思われるかもしれませんが、銀行員でも保険を売る時代ですので、必須となります。

生命保険募集人(一般・変額・専門)

損害保険の次は生命保険を売るための資格も取得しなければいけません。

損害保険よりも、一般・変額・専門など様々な知識を学ぶ必要があることから少し難易度は高めかなと思います。

よっぽど落ちないと思いますが、油断して落ちている人もチラホラ見られます。

証券外務員

銀行員が金融商品を販売するために必要な資格で、第一種までの取得がマストととなります。

銀行によっては入社前までに取得することを義務付けているところもあるようです。

だいたい2年目ぐらいになると二種から強制的に受けさせられますが、まだまだ金融機関の職員としても知らないことが多いときなので、とにかく用語がわからなくて頭に入りません。

でも、受かるまで何度も何度も受けさせられます。

勉強をする時間をしっかりとれば、合格できる試験ではあると思います。

銀行業務検定(財務・税務・法務)

銀行の一般的な基本知識を問われる試験です。

財務・税務・法務それぞれひとつずつ試験を受ける必要があります。

3級から受けるのが一般的なのですが、これがかなり難しいです。

働き始めてからすぐにでも受けろと言われるので、まだ全然知識がない状態でこの試験を受けるのはかなり難しいと感じました。

スポンサーリンク(広告)

銀行員として持っていると有利な資格一覧を紹介!

銀行員として持っていると役に立つ有利な資格を紹介します。

ファイナンシャルプランニング技能士

ファイナンシャルプランナーってよく耳にしますが、一体どんなことをする資格なのかよくわからない人も多いと思います。

個人の生涯設計や法人のタックスプランニングについて必要な知識で、様々な知識を幅広く取得しておくことで、お客様のニーズに応えやすいという点から持っておくと有利になる資格であると言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーという資格を掲げているだけでもなんだかデキる!という感じがしますよね。

銀行員なら、2級以上は持っておきたいものです。

日商簿記3級、2級

簿記というと経理のプロ!という感じがしますよね。

簿記の仕組みを理解しておくと、決算書が読めるようになります。

簿記を取れ!とは言われないけれど、「銀行員って簿記もってるんでしょ?」というイメージもありますし、簿記を持っているというだけで重宝されること間違いないでしょう。

宅地建物取引主任者

融資業務において不動産を取り扱うことの多い銀行員にとって、宅建士の資格というのは持っていてかなり役立つものだと思います。

個人ローンの住宅ローンでも役立ちますし、企業向け融資でも担保に不動産をとることがほとんどです。

宅建の知識を持っていると、業者との話もスムーズに進むと思います。

銀行員の必須資格と有利な資格を一覧で紹介!まとめ

銀行員は就職してからも資格取得のために勉強は必須となります。

「社会人になってまで資格の勉強をしないといけないなんて・・・」と思う人は、銀行員としてはやっていけないですね。

必須資格は必ず取得する必要がありますが、他にもたくさん資格があり、「コレをとらないと昇格できない!!」という資格もたくさんあります。

銀行員は日々勉強を怠ってはいけない!ということですね!!

日々勉強をがんばりましょう。

 

スポンサーリンク(広告)