給料

銀行員の給料の平均は?年収に換算するといくら?

銀行員というと給料や年収が高いイメージがありますよね!!

でも実は、銀行によっても全然違うんです!!

昔は、銀行員というと安定していて給料も高いイメージが強かったですが、最近では給料はだいぶ下がっているイメージです。

今回は、銀行員の給料の平均は?年収に換算するといくらなのか見ていきたいと思います!

スポンサーリンク(広告)

銀行員の役職別による給料や年収の平均は?

銀行員と一口に言っても、もちろん役職によって給料は違います。

実際に私が働いていた銀行での給料や年収の平均はいくらなのかを紹介します!!

ちなみに、私の働いていた銀行は都市銀行などのメガバンクではなく、地方の銀行です・・・!

役員・支店長

だいたい役員、支店長レベルだと年俸制になっているところも多いのではないでしょうか?

役員、支店長レベルで給料は総支給で50万ぐらい。

年収でだいたい1,200万~1,500万円というところでしょうか?

次長・副支店長

支店長の次に偉い人は次長や副支店長というポジションになるかと思います。

私が次長一年目の上司に年収いくらぐらい?と聞いたところ、「800万円ぐらいかな」とボソっと教えてくれました。

毎月の給料は40万円ぐらいということになりますね!!

私の働いていた銀行は地方の銀行ですが、そこでもなりたてて800万円もらえるんですね~!

優秀な次長になると、1,000万円を越える人もいるそうです!!

でも、次長は残業手当がつかないので、どれだけ働いても給料は変わらないというのがちょっとツライところですね・・・。

係長・課長

係長や課長レベルになると、だいたい給料は30万後半ぐらいです。

これも、実際に働いていたときに係長に給料明細を見せてもらいました♪

でも、係長は残業手当が付きますから、残業をしまくっている係長は残業代だけでもプラス10万円ぐらいある月もあるそうです。

年収に換算すると、残業なしで500万円は越えてくるといったところでしょうね!!

係長は次長の次に忙しいポジションなので、残業も結構している人も多いのではないでしょうか?

残業代で年収アップしている係長もたくさんいそうですね!

主任・主務

一般職員よりもひとつ上のレベルになると、毎月の給料で手取りで20万ちょっとぐらいです。

このレベルになるとちょっと少ない感じがしますね・・・。

残業ゼロだと、年収は400万ちょいという感じですね。

だいたい20代後半~30代前半はこの役職だと思います。

銀行員なのに、少ないですよね・・・。

一般職員

一般職員は、残業ゼロで毎月の給料はだいたい手取りで18万~20万ぐらいです。

こうなると「銀行員は給料がいい!」とはとても言えないレベルですよね。

年収に換算すると300万円台後半です。

女性ならいいですが、男性でこの給料は将来が不安になるレベルですね!!

スポンサーリンク(広告)

銀行員の年収ランキングを紹介!

銀行によっても年収はだいぶ変わってきますが、30歳の時点における銀行員の年収ランキングが公開されていますので紹介します。

 

 

  1. 三井住友銀行・・・   620万円
  2. 三菱UFJ銀行・・・  587万円
  3. 横浜銀行・・・     550万円
  4. 山口銀行・・・     543万円
  5. 三菱UFJ信託銀行・・・541万円

 

 

やっぱり、財閥系のメガバンクが上位にランクインしていますね!

30歳で620万円ってかなり高いと思います。

メガバンクの銀行員だったら、「年収が高い!」というイメージはまだまだ正しいかもしれませんね!

銀行員の給料の平均は?年収に換算するといくら?まとめ

給料も年収も、役職や銀行によっても全然違うんですよね~!

一概に、「銀行員は給料がいい!」「悪い!」とは言えない時代ということですね・・・。

それにしても、メガバンクの給料っていいんですねぇ~。

やってることは同じのはずなのに・・・。

銀行の規模って重要ですね!!

「年収のいい銀行に勤めたい!!」と思うのであれば、メガバンクに就職することを目標にしたほうがいいですね。

 

 

スポンサーリンク(広告)