給料

銀行員35歳での年収を暴露!転職希望者続出の理由!

銀行員 35歳 年収 暴露 転職 希望者 続出 理由

35歳ともなると、家庭を持ったり、住宅を持ったり、色々とお金がかかる時期ですよね。

銀行員だと年収いいんでしょ?

結構裕福な生活してるんじゃないの?

なんて思われるかもしれませんが、実際のところはどうなんでしょうか…

今回は、銀行員35歳での年収を暴露していきたいと思います!

銀行員って、安定していて給料もいいイメージ
でも転職希望者続出って~?

 

スポンサーリンク(広告)

人物ステータス

今回年収を暴露していく人物のステータスはコチラ!

金融機関タイプ:信用金庫職員

年齢:35歳

学歴:大学卒(AAランク)

役職:主任

担当部署:融資

被扶養者:妻・子供2人

 

スポンサーリンク(広告)

銀行員35歳の月給内訳

支給

本人給:132,500円

能力給:179,000円

通勤手当:20,000円

控除

所得税:5,260円住民税:17,700円

健康保険料:14,080円

厚生年金保険:24,000円

厚生年金基金:17,280円

雇用保険料:1,004円

銀行員35歳の年収

支払金額:5,082,474円

給与所得控除後の金額:3,524,000円

所得控除の額の合計額:1,729,349円

源泉徴収税額:91,500円

配偶者控除:380,000円

社会保険料の金額:891,331円

生命保険料の控除額:78,018円

新生命保険料の金額:335,520円

介護医療保険料の金額:72,072円

 

スポンサーリンク(広告)

転職希望者続出

家族を支えなくてはいけない35歳と言う年齢で、手取りが交通費を除いても22万ぐらいしかありませんね。。。

銀行員というのはほぼ残業ナシですし、残業代に期待することもあまりできないというのが現実。

もし、妻が専業主婦だった場合には、手取り22万円で家族を養っていかなければならないということに。

これでは住宅ローンも払えません。

子どもにも習い事もさせてあげられない。

友達は、手取り30万円以上ある人も多いのに…

これはもう転職だ…

という感じで、銀行員は給料がよくないので転職希望者が多いんです!!

初任給は、4大卒で総合職で入社していると、他の会社の一般職の人よりは多いかもしれません。

しかし、銀行員は、その後給料が全然あがらないんです!!

手取り22万なんて、初任給とそんなにかわらないよ~~
生活が苦しい…

 

スポンサーリンク(広告)

銀行員35歳での年収を暴露!転職希望者続出の理由!まとめ

  • 銀行員35歳の年収は500万程度
  • 手取りは22万程度
  • 残業代もほぼゼロ
  • 初任給と変わらない月給
  • 銀行員35歳の給料だけではローンなんてとても組めない。

 

銀行員35歳の給料というのはかなりシビアな金額だということがお判りいただけましたでしょうか?

35歳というと、昇格できるかできないかという微妙な年齢ですが、うまく昇格ができないと、40歳になってもずっとこの給料のままほとんど変わらないです…

35歳というのは、転職のチャンスでもあります。

銀行員の給料に絶望したら、転職を考えるのもアリかもしれませんね!

これは転職したくなる!
共働きだったらいいかもしれないけどねぇ~

 

スポンサーリンク(広告)