エンタメ

2019ふたご座流星群はいつどっちの方向に何時ぐらいに見える?今年は見えにくいってホント?

2019双子座流星群 いつ どっち 方向 何時 見える 今年 見えにくい ホント

毎年冬になると話題になる三大流星群の一つである「ふたご座流星群」。

2019年の冬も観測することができます!!

人は何故か流星群などの現象に心惹かれるもので、「見られるなら見たい!」と毎年注目を集めています!

2019年のふたご座流星群はいつ頃がピークで何時ぐらいにどっちの方向に多くみられるのか気になりますよね!

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク(広告)

ふたご座流星群とは

ふたご座流星群というのは、三大流星群の一つで、毎年多くの流星群を見ることができます。

三大流星群というのは、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群があります。

 

ふたご座流星群は、毎年12月14日前後に極大を迎える流星群となっています。

毎年、1時間あたり20~30個もの流星群が出現し、他の流星群よりもしっかりとした活動を見せてくれる流星群で、一晩のうちに見られる流星の数も最も多いと言われています。

 

慣れた人であれば1時間に100個ほどの流星を見ることができるんだとか!

そして、ピークを過ぎると一気に減少してしまうという特徴も持っています。

スポンサーリンク(広告)

2019年のふたご座流星群はいつ見れる?

2019年の双子座流星群の流星が最も多く流れるといわれる「極大時刻」というのは、12月15日未明~と予想されています!

12月14日~15日にかけて一番多く流星が見られるということになります!

何時ごろ?

12月14日の未明2時~4時ごろが一番多く流星群が見られる時間帯となっています!

スポンサーリンク(広告)

どっちの方向?

流星群は、放射点を中心として四方八方飛び交います。

放射点の方向だけを見るのではなく、空全体を広く見渡すというのが観測のポイントとなります!

スポンサーリンク(広告)

2019年はふたご座流星群は見にくい?

先日、コールドムーンとして話題となった12月の満月がありました!

流星群は、月あかりお影響も大きく受けるので、満月直後の月あかりが明るすぎて流星群が見にくい!という点では今年は観測の条件はあまりよくないといえるでしょう。

ほぼ一晩中月が夜空を照らすこととなるので、月あかりの当たらない方角を見渡すようにしましょう!

SNSの反応

2019ふたご座流星群はいつどっちの方向に何時ぐらいに見える?今年は見えにくいってホント?まとめ!

今年も双子座流星群の季節がやってきましたね!

今年は満月直後の流星群ということで、なかなか条件も悪く流星を見つけるのは大変そうですが、しっかりと見えているという声も見られます。

流星群を見る際は、温かくして見るようにしましょうね!

スポンサーリンク(広告)