エンタメ

動画見放題も速度制限の対象でソフトバンクはどうなる?ビックローブモバイルは?

動画見放題 速度制限 対象 ソフトバンク どうなる ビックローブモバイル

特定の通信に対して通信料の上限を設けないとしている動画見放題などのサービスが話題を呼び、そのサービスを利用している人も多いと思います!

しかし、その動画見放題などのサービスも通信速度の規制の対象になるかもしれないんです!!

ソフトバンクなどではyoutubeなどのアプリで動画見放題とうたっていますが、それもなくなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク(広告)

動画見放題も速度制限の対象に?

総務省は25日、有識者会議を開き、携帯電話で動画など特定のアプリの通信を使い放題にする「ゼロレーティング」サービスに関する指針案をまとめた。対象コンテンツの選択基準を明確にすることや、月の通信量の上限を超過し通信速度が制限される際はゼロレーティングサービスも含めて一律に実施することが望ましいとし、大手通信事業者に対応を求めた。

このように動画見放題とするサービスに対して、今までは上限を設けず通信速度も規制されていなかったものを通信速度を規制するという案が出ているようです!

スポンサーリンク(広告)

ソフトバンクはどうなる?

Softbankはウルトラギガモンスター+として

  • YouTube™
  • Amazon Prime Video
  • Abema TV
  • TVer、GYAO!
  • kurashiru
  • Hulu
  • スタディサプリ
  • スタディサプリ English
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok

などのアプリの使用では通信量ノーカウントとするサービスを提供しています!

しかし、総務省の指針案はこのようなサービスに対して規制をするということになりますよね…。

総務省も「直ちに事業法上問題とはならない」と注記し、過度な規制を避けています。

「すぐに規制される」というわけではなさそうですが、Softbankの方針についてはまだ発表されていません。

ビッグローブモバイルは?

ビッグローブモバイルは「エンタメフリーオプション」として

  • YouTube
  • U-NEXT
  • Apple Music
  • Spotify
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • Facebook Messenger

などが通信量ノーカウントになるサービスを提供しています!

ビッグローブの黒川英貴エグゼクティブエキスパートは、「利用者のニーズに応じてゼロレーティングサービスを提供してきたが、指針案に従って見直さざるを得ない」として、サービスの見直しが必要だと考えているようです!

ビッグローブモバイルでは、通信量ノーカウントのサービスの提供は終わってしまう可能性が高いですね!

スポンサーリンク(広告)

動画見放題も速度制限の対象でソフトバンクはどうなる?ビックローブモバイルは?まとめ!

youtubeなどの人気アプリを視聴するのに通信制限がかからなくなってストレスフリーになっている人も多かったのに、総務省ではこれらを廃止の方向へ持っていくような指針案が提案されています。

今後、youtubeなどもノーカウントではなく通信量に加算されて速度制限の対象になれば、このようなサービス目的でキャリアと契約していた人もどんどん安いほうへ流れていってしまう可能性もありますよね!

今後各キャリアでどういった対策をとるのかに注目が高まりますね!

スポンサーリンク(広告)